グローバルヘルス・ロールモデル・シリーズ

世界の様々な地域で、また、グローバルヘルスの多彩な方面で活躍する日本人の方々にキャリア形成のプロセスをお尋ねしました。(インタビュアー 清水眞理子)


イントラヘルスインターナショナル
チーフテクニカルオフィサー・バイスプレジデント
穂積 大陸  [ほづみ だいりく]

穂積 大陸

1964年青森県生まれ。1989年順天堂大学医学部卒業(MD)。1991年カリフォルニア大学バークレー校公衆衛生修士(MPH)。2007 年マサチューセッツ工科大学経営修士(MSM)。22年にわたり、パキスタン、ザンビア、マラウイ、ケニア、ガーナなど20カ国以上で保健医療政策プロジェクトに携わる。ハーバード大学公衆衛生大学院武見プログラムフェロー、インストラクター、東京大学医学部の非常勤講師を歴任。貧困国向けの保健医療技術に携わるNPO、PATH(シアトル)で9年間シニアアドバイザー、2016年より開発途上国における保健システム強化を目的としたNPO、Management Science for Health の保健医療技術担当ディレクターとして活躍。現在、IntraHealth International のチーフテクニカルオフィサー兼バイスプレジデントとして同組織のCenter for Technical Excellence の運営を担当、リーダーシップの活性化と30カ国以上のフィールドプロジェクトの技術の質の向上に日々努めている。

――医学部在学中アジア各地で研修・留学、国際保健分野に興味をもち、横須賀米海軍病院でインターン、UC Berkeleyで公衆衛生を学ぶ

穂積:私は1989年に医学部を卒業、まさにバブル時代に大学生活を送っていました。今だと国際保健、当時熱帯医学と言っていましたがその分野に興味を持つ人が増えてきて、私も夏休みにシンガポール大学の交換留学、タイの皮膚科病院の見学、難民キャンプにも行きました。バングラデシュでの新しい下痢症対策など、公衆衛生プログラムのことを雑誌で読んだとき、私には日本で臨床医になって患者さん一人ひとり診るより国際保健分野での計画立案やマネージメントの方が効率がいいと閃いてしまったのです。 ...続きを読む


国連人口基金(UNFPA)ボリビア事務所
代表 / 助産師 木下 倫子  [きのした りんこ]

木下 倫子

1975年長野県生まれ。千葉大学看護学部卒業後、東京葛飾赤十字産院に入職、助産師として5年間勤務。2003年米国ノースカロライナ大学にて公衆衛生学修士号取得(国際母子保健学専攻)。2003年ノースカロライナ大学疫学部から研究者としてコンゴ民主共和国キンシャサに派遣。2006年UNICEFコンゴ民事務所キンシャサ及びゴマ(プランニング、モニタリングと評価担当)。2009年UNICEFニューヨーク本部(ナリッジマネージメント担当)。2012年UNICEFニカラグア事務所(副代表)。2014年英国ロンドン熱帯衛生大学にて修士号取得(疫学)。2016年UNICEFブルキナファソ事務所(副代表)。2020年UNICEF西、中央アフリカ領域事務所パートナーシップ上級アドバイザー(代理)。2020年8月より現職。南アフリカのウェスタンケープ大学公衆衛生博士課程に在学中。

――助産師は命が始まる瞬間に立ち会える

木下:大学で看護学を専攻し看護師と助産師の免許を取得、東京葛飾赤十字産院に入職しました。ここは第三次医療機関だったので緊急帝王切開もたくさんありましたが、同僚の助産師や産婦人科医とともに自然分娩を全面的に推進、院内で勉強会を開催して学びを深め、都内で自然分娩では最も人気の高い産院になりました。また、私はその頃から現場での研究が大好きで、育児電話相談室を通して初産の方が抱える問題をまとめるなど、充実した5年間でした。 ...続きを読む


りんくう総合医療センター 国際診療科
部長 南谷 かおり  [みなみたに かおり]

南谷 かおり

1965年大阪生まれ 1987年 ブラジル国エスピリト・サント連邦(国立)大学(Universidade Federal do Espirito Santo) [UFES]医学部卒業。1988年 ブラジル国医師免許取得。1988年 大阪大学医学部研究生(老年病医学教室)。1989年 ブラジル国エスピリト・サント州 Santa Casa 病院救急科研修医。1990年ブラジル国リオ・デ・ジャネイロ市 国家公務員連邦病院 (Hospital Federal dos Servidores do Estado)[HFSE] 放射線科研修医 1992年 大阪大学放射線医学教室研究生。1996年 日本医師免許取得。1996年 市立泉佐野病院 放射線科研修医、国立大阪病院(現国立病院機構大阪医療センター)市立貝塚病院を経て、2004年 りんくう総合医療センター市立泉佐野病院 放射線科。2006年 りんくう総合医療センター 健康管理センター兼国際外来担当医。2012年~地方独立行政法人 りんくう総合医療センター 国際診療科 部長。2013年 大阪大学医学部附属病院 国際医療センター 副センター長。2013年 大阪大学大学院医学系研究科 国際・未来医療学講座 特任准教授。2019年~大阪大学大学院医学系研究科 公衆衛生学教室 招へい教授

――父の転勤でブラジルに

南谷:私は大阪で生まれ、エンジニアの父の転勤で11歳小6から15年間ブラジルで育ちました。 ポルトガル語が全く話せなかったので2年遅れの小4に編入。現地校はひとつの校舎を小学校と中学校が半日ずつ使うので授業は半日制。日本人補習校(小規模の日本人学校)も半日制だったので両方通うことになりました。勉強は大変でしたが、日本人補習校の中3修了時にはある程度ポルトガル語ができるようになって...続きを読む


世界銀行本部
栄養専門官 岡村 恭子  [おかむら きょうこ]

岡村 恭子

1972年大阪生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。米国アマースト大学 国際関係学学士号取得。ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院国際保健学修士課程修了。2001年より国連児童基金(UNICEF)ネパール事務所、東京事務所、エチオピア事務所に勤務。2014年よりグローバルリンクマネージメント株式会社に所属。2018年12月より現職

――原体験は子ども時代に過ごしたイラン

岡村:私は日本のごく普通の中流家庭に育ち4人兄弟でにぎやかに過ごしていました。12歳の時、父の転勤でイランへ、革命後のイラン・イラク戦争の渦中にあり、物資は切符制で母は苦労したかもしれませんが、突然、庭にプールのある家、運転手付きベンツ、メイドがいて、という生活がはじまりました。車で下町を通った時に見たすすけた顔をした子どもたち、靴もぼろぼろ、車に近寄って物乞いをする。 ...続きを読む


国境なき医師団(MSF)日本
手術室看護師 白川 優子  [しらかわ ゆうこ]

白川 優子

埼玉県出身。高校卒業後、4年制(当時)坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校に入学、卒業後は埼玉県内の病院で外科、手術室、産婦人科を中心に約7 年間看護師として勤務。2006 年にオーストラリアン・カソリック大学看護学部を卒業。その後約4年間、メルボルンの医療機関で外科や手術室を中心に看護師として勤務。2010年よりMSF に参加し、スリランカ、パキスタン、シリア、イエメンなど9か国で17回の活動に参加してきた。著書に『紛争地の看護師』(小学館刊)。

――高校3年の時、将来の進路を模索する中で気がついた「看護師になりたい」熱い想い

白川:私は将来働くことを考えて就職率の良い商業高校に進学、珠算や簿記を学び、休日は友人とショッピングに出かけたり、アルバイトしたり楽しい高校生活を送っていました。
高校3年になると就職活動が始まり、当時はバブルが崩壊する前だったので求人もたくさんあって、周りの友人は次々内定をもらっていました。就職に有利と思って商業高校に進学したのに就活する気になれず、決して働きたくないわけではなくやりたいことが見つからず、悶々とした日々を過ごしました。 ...続きを読む


WHO(世界保健機関)感染症ハザード
シニアアドバイザー 進藤 奈邦子  [しんどう なほこ]

進藤 奈邦子

東京慈恵会医科大学卒、専門は内科学、感染症学。英国セントトーマス病院、オックスフォード大ラディクリフ病院、慈恵医大内科学講座での臨床研修を経て、国立感染症研究所、感染症情報センター主任研究官として勤務。2002年よりWHOに派遣、2005年よりWHO職員。感染症アウトブレイク情報の収集と解析、フィールドレスポンス、インフルエンザ流行防止策などを担当。SARS鳥インフルエンザ、インド洋津波、アフリカでのウイルス性出血熱、新型インフルエンザ、中東呼吸器症候群コロナウイルスなどのWHOレスポンスを担当。2012年1月よりインフルエンザ及び呼吸器系疾患のチームリーダー。2013年1月よりさらに担当範囲を広げ、新興・再興感染症の臨床管理および研究アジェンダ、ウイルス感染症に対する新戦略イニシアチブBRaVeを率いる。緊急事態にはWHO戦略的健康危機管理センターのスタッフとして行動し、世界的な健康危機となる重症急性呼吸器系疾患や鳥インフルエンザ、エボラ出血熱のアウトブレイクを担当。チームと共に世界各地で、極めて伝染性・危険性の高い病原体の感染制御・患者治療に関わる。2015年7月に調整官(上級管理職)に就任。重症感染症患者の集中医療管理とサイエンスの最先端をつなぐ特殊ネットワークWHO EDCARNを組織、21世紀型感染症アウトブレイク対策を展開する。 WHOの危機対応強化をねらう組織改革に伴い、2016年10月にEDCARNに加え、新設されたラボネットワーク、モデリング・予測ネットワークを束ねるマネージャー(管理調整官)に任命される。2018年1月よりシニアアドバイザーとしてWHOの感染症危機管理のブレイン役を務める。

――脳腫瘍で亡くなった弟の遺言で医師を目指す

進藤:高校時代アメリカに1年留学、建築家、ランドスケープデザイナーになりたいと思ったこともありましたが、弟を若くして脳腫瘍で亡くし、弟の遺言で医師を目指しました。
1990年に大学を卒業、脳神経外科で研修、大学からの選抜留学生として、研修時代にロンドンとオックスフォードで臨床経験を積みました。...続きを読む


GHIT Fund 投資戦略 兼 ビジネス・ディベロップメント
シニアディレクター 鹿角 契  [かつの けい]

鹿角 契

1982年 札幌生まれ。2007年 東京大学医学部医学科卒業。2007-2010年 独立行政法人国立国際医療研究センター (前国立国際医療センター)総合診療科・救急部勤務。2010-11年ジョンズホプキンス大学公衆衛生大学院で公衆衛生修士号(MPH)取得(フルブライト奨学生)。2011-12年 East-West Centerアジア太平洋リーダーシッププログラム(在ホノルル)、2012-13年世界銀行勤務(ヘルススペシャリスト)。2013年~現職。日本・米国 (ECFMG)両方の医師資格を有する。東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻生物医化学教室非常勤講師。日米リーダーシッププログラム・フェロー。

――NHKでも放映された山崎豊子さん作「大地の子」に大きく影響を受ける。

鹿角:小学生のころ、NHKドラマで「大地の子」を見て、日本と中国の狭間で揺れ続ける主人公の姿に純粋に感動し、「自分も何かしないといけない。」という思いに突き動かされました。「日本人の自分に何ができるのか?」広い世界とのつながりを考えると歴史的に難しいことも多い中で、将来は外交や国際関係に関わる仕事がしたいと漠然と考えるようになりました。...続きを読む


ロンドン医療センター
院長 伊原 鉄二郎  [いはら てつじろう]

伊原 鉄二郎

1955年 東京都生まれ、18歳で単身渡英
1983年 ロンドン大学医学部卒業
1984年 家庭医研修医/伊原クリニック開業
1991年 ロンドン医療センター設立
2017年 香港診療所開設
英国医師会会員、英国王立内科医学会会員、英国家庭医学会登録医、香港医学会会員、欧州日本人医師会前会長。GP(総合家庭医)として診療診察に当たるとともに、将来の本格的な日本人家庭医の育成にも努力している。

――高校卒業後、単身渡英されたのは当時としては珍しいことです。

伊原:私は小学生のころから世界地図、朝日年鑑の統計をみるのが大好きで、日本と同じ小さい島国のイギリスがなぜ7つの海を支配できたのか?いつか広い世界を見て回りたいと考えていました。中学3年の時、高跳びの練習中骨折し入院、入院といっても足以外はいたって元気で、となりのベッドのおじさんから、「これからは英語とロボットの時代だよ」と何度も聞かされ、英語の小説を読むようになりました。...続きを読む


世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局
テクニカルオフィサー 矢島 綾  [やじま あや]

矢島 綾

1977年東京生まれ。ロンドン大学卒業後、タイのアジア工科大学院で環境衛生学修士号取得。東京大学農学生命科学研究科にてベトナムの寄生虫伝播対策で博士号取得。2009年よりWHO本部NTD伝播対策にJPOとして2年半従事し、2012年に正規職員として採用。2015年からWHO西太平洋地域事務所(マニラ)にて現職(NTD対策専門官)NTD制圧・対策に向け加盟国保健省の政策立案・実施・ドナー調整、資金調達等を支援。マニラにベトナム人の夫と娘(6歳)と在住。

――父の転勤を機にロンドンへ

矢島:父の仕事は海外出張が多く、私も小さい時から留学したい、いつか海外で仕事をしたいという気持ちを持っていました。大学1年の時、父がイギリスに転勤、将来外国で仕事をするのならこのまま日本の大学を卒業するより、外国の大学で学ぶ方がいいと考え、思い切って退学、ロンドンに行きました。 ...続きを読む


国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)
医療局長 清田 明宏  [せいた あきひろ]

清田 明宏

1961年福岡県生まれ。1985年高知医科大学(現・高知大学医学部)卒業。医師。1986年米横須賀基地病院インターン。1987年~(公財)結核予防会・結核研究所国際保健部医員。1990年~JICAイエメン結核対策プロジェクト医員。1995年~WHO・東地中海地域事務局結核対策担当官P4(エジプト・アレキサンドリア)。2000年~WHO・東地中海地域事務局 結核対策地域アドバイザーP5(エジプト・カイロ)2003年~04年ハーバード大学公衆衛生大学院・武見国際保健プログラム・リサーチフェロー。2006年~WHO・東地中海地域事務局 結核・エイズ・マラリア コーディネーターP6(エジプト・カイロ)。2010年~国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA、通称ウンルワ)保健局長D2ヨルダン・アンマン在住。2015年第18回秩父宮妃記念結核予防国際協力功労賞を受賞。

――世界保健機関(WHO)で約15年、中東など22カ国の結核やエイズ対策に携わる。患者の服薬を直接確認する療法「DOTS」を導入し、高い治癒率を達成。その功績から、第18回秩父宮妃記念結核予防国際協力功労賞を受賞。

清田:私が医学部に進学した1980年代初めは、カンボジアのボートピープル、難民問題が盛んに報道され、犬養道子さんの『人間の大地』を読み、将来こういう人を助ける仕事に就きたいと思うようになりました。...続きを読む